司法書士の仕事とは

司法書士の仕事とは

司法書士は、専門的な法律の知識に基づき、専門登記・供託の代理、裁判所や検察庁、法務局等に提出する書類の作成提出などを行うことのできる国家資格です。

その他にも、法務大臣から認定を受けた「認定司法書士」は、簡易裁判所における民事訴訟、民事執行、民事保全、和解、調停などにおいて当事者を代理することもできます。

法律問題の解決や市民の権利保護などができる資格で、市民に最も身近な街の法律家ともいわれます。

メインとなる業務は「登記」

幅広い業務を取り扱う司法書士ですが、その中でもメインとなる仕事が「登記」です。

「登記」とは、土地や建物の権利変動(不動産登記)や、会社を設立する時に必要となる手続き(商業登記)です。

不動産登記であれば、その取引の内容(例えば土地を購入する、新しく家を建てる、土地を相続するなど)を第三者にも分かるように登記記録に記録して、第三者にも分かるようにします。

商業登記であれば、例えば株式会社を設立する、取締約が変わる、資本金を増やす・減らすなどを行う際に、その内容を登記簿に記録して、第3者にも分かるようにします。

いずれの場合も重要な財産の権利関係に大きな損害を与えてしまう、絶対にミスの許されない仕事です。

裁判や訴訟との関わりについて

司法書士は裁判所、法務局、検察庁に提出する申立所などの書類を作成することができます。

また、2003年の司法書士法改正により、認定を受けた司法書士(認定司法書士)であれば、訴額140万円以下の事件については、簡易裁判所における訴訟代理人として法廷に立つこともできるようなりました。

その他の司法書士の業務

その他にも、

  • 認知症や知的・精神障害があり正常な判断がしづらい方の利益を保護するための成年後見制度における、任意後見人となること
  • 企業法務のアドバイスをするコンサルタント、
  • 弁護士を雇わずに本人が訴訟を行う本人訴訟に対する相談業務

など、司法書士が関わる仕事は多岐に渡ります。

一般企業で働く道も

司法書士試験に合格した方全てが司法書士になるというわけではありません。

不動産会社をはじめ、コンサルタント会社、証券会社、製造業などさまざまな業種の法務部で専門知識を武器に活躍している方々がいます。

幅広い法律知識を強みに年々活躍の場を広げているのが司法書士の資格の魅力といえるでしょう。