司法書士の難易度~合格率・試験方式・学習時間

司法書士の難易度・合格率

合格率から見る司法書士試験の難易度

司法書士試験の合格率は、直近10年では以下の通り受験者数に対する合格率で3%台となっており、この点ではかなりの狭き門といえるでしょう。

司法書士試験直近10年の合格率の推移

試験年度出願者数受験者数合格者数合格率(対受験者数)合格点満点
平成25年度27400224947963.5%221.5点280点
平成26年度24538201307593.8%207.0点280点
平成27年度21754179207073.9%218.0点280点
平成28年度20360167256603.9%200.5点280点
平成29年度18831154406294.0%207.0点280点
平成30年度17668143876214.3%212.5点280点
令和元年度16811136836014.3%197.0点280点
令和2年度14431114945955.1%205.5点280点
令和3年度14988119256135.1%208.5点280点
令和4年度15693127276605.1%216.5点280点

司法書士試験の特徴として、毎年の合格率があまり変動しないことがあげられますが、これは司法書士試験が一定の点数以上を取ったら合格できる絶対試験ではなく、毎年の合格者数を一定の人数に調整する相対試験だからです。

試験方式から見る司法書士試験の難易度

また、司法書士試験を難関としている理由のひとつが「基準点」と呼ばれる足切り点の存在です。

司法書士試験は午前の部(択一式)、午後の部(択一式)、午後の部(記述式)に分かれますが、それぞれに足切りラインが設定され、その基準点を全てクリアした上での総合点で合否が決まります。

各試験方式ごと基準点には、毎年変動し、おおむね午前の部(択一式)で8~9割、午後の部(択一式)で7~8割、午後の部(記述式)で6~7割となってます。

なお、3つの基準点全ての合計プラス18点程度が合格点となるため、全科目まんべんなく得点することと同時に、一定の科目での上乗せの得点も必要です。

この上乗せ分の得点をどの科目で狙うかによって学習の戦略も変わってくるわけです。

必要な学習時間から見る司法書士試験の難易度

一般的に司法書士試験の合格までに必要な学習時間は約3000時間といわれています。

この必要学習時間数は、他の国家資格試験と比較してもかなりの時間数であり、これだけの学習時間を確保する環境作りをしなくてはならないという意味でも難関の資格といえます。

主な国家資格の必要学習時間数

資格勉強時間
旧司法試験約10,000時間
司法書士約3,000時間
公認会計士約3,000時間
弁理士約3,000時間
不動産鑑定士約2,000時間
税理士約2,000時間
土地家屋調査士約1,500時間
中小企業診断士約1,500時間
社会保険労務士約1,000時間
行政書士約700時間
マンション管理士約600時間
宅地建物取引士約300時間

なお、司法書士試験に一発合格する方は非常に少なく、多くの方が2年以上の学習期間を経て合格しているのが現状です。

また、法学部出身者などの場合でも初学者との差は数週間程度といわれており、ほとんどアドバンテージは無いといっていいでしょう。

おおむね合格に必要な知識の獲得に1年間かかり、その知識を試験で使えるレベルまで正確に身につける訓練に1年間はかかるといわれています。